賞金総額1,000万円!!!新ジャンルARスポーツ番組がスタート!

こんにちは!

このモデログでもARやVR技術を活用したゲームを様々紹介してきましたが
とうとう賞金が出るARゲームの大会が生まれました!
昨今、e-スポーツが話題になることが多くオリンピックの新種目に挙げられるほど
賑わっていますがAR/VRもその流れに乗って大きな動きが生じています。

株式会社meleapが開発するARスポーツ「HADO」を取り扱った新番組が
2019年1月からスタートすると発表されました。

ARスポーツ「HADO」とは

まずは見ていただいたほうが早いでしょう。
「HADO(ハドー)」とはヘッドマウントディスプレイと腕に取り付けるセンターを使って
技を放つARスポーツです。

チームでエナジーボールやシールドなどの技を駆使し、80秒間の試合時間で点数を取り合って対戦します。現在、HADOは世界16ヶ国26箇所に店舗を展開し、延べ80万人以上が体験しています。

URL: https://hado-official.com/

新番組「HADO BEAST COLOSSEUM」とは

「HADO BEAST COLOSSEUM」は、7人のHADO強豪プレーヤー「ビースト」と一般参加者「チャレンジャー」のバトル番組です。チャレンジャーはビーストを指名し、番組特別ルールのHADOで戦います。

賞金総額はなんと1,000万円です!!!

ビーストにはそれぞれ懸賞金が懸けられており、鍵を持ったビーストに勝てば、それまで倒したビーストたちの懸賞金を獲得できます。5試合勝てば総額1,000万円を手に入れることができます。

番組では、本企画に参戦するチャレンジャーを募集しているとのこと。
参加条件は下記の通りです。
<参加条件>
・11月30日、12月1日、12月2日に開催のオーディションのいずれかに参加できること
・2019年1月12日に撮影予定の本番に参加できること
・15歳以上であること(18歳未満の方は保護者の同意が必要です)
・YouTubeなどのメディアにご自身の全身が掲載されても良いこと
※ 1~3人で応募できます
※ 番組用HADOの練習環境は、meleapより無償で提供いたします

是非、皆様ご応募されてみては如何でしょうか。
筆者も応募してみようかな。。。

番組の配信は「TechnoSportsTV」のYouTubeアカウントから配信されます。
本番の第一回は2019年1月からかと思いますが第0回として11月に一度配信が
あるとのことですので是非、チェックしてみて下さい!

e-スポーツ好きの筆者としてはこのような流れはとてもうれしく思います。
現在は体験に価値を置いたゲームが多い中でこのように競技性が高いARゲームが
より多くの人に認知されることで更にAR/VRゲームの進化が早まるのではないでしょうか。
ゲームとスポーツの良いところを掛け合わせたようなスポーツ「HADO」ですので
プレイする側も観戦する側もとても楽しめる番組になると思います!

それではまた次回!

(参考)株式会社meleap プレスリリース



運営元のモデリーは3Dデータ作成事業を行っております。費用・スケジュール感などチャットで気軽に相談可能!分かりやすい3Dデータ作成サービスを目指します!