AR対戦シューティングアプリ「ペチャバト」とは???

今回は12月12日にリリースされた「ペチャバト」について紹介していきたいと思います。

「ペチャバト」のコンセプトは?

雪合戦や鬼ごっこのようなアナログな遊びにARという最新のデジタル技術を駆使した対戦シューティングアプリとのこと。(http://miraiseisakujo.net/pr/items/view/153650
今後、修学旅行で誰もがやっていた枕投げや当て鬼等が「ペチャバト」に置き換わるのではないでしょうか?
スマートフォンさえあればいいので、いつでもどこでもできる遊びとしていいですね!

「ペチャバト」とは?

https://jp.techcrunch.com/2018/12/12/pecha-battle-released-officially/?fbclid=IwAR2SVkijHLZcsZlQUiWvg1akc6SYGEQks5LsSseJupf5AqOT1ioy6lIUJJo

4人まで参加可能な対戦シューティングアプリです。
・ルール
スマートフォンを使って弾を相手のスマートフォンの位置に表示される的に投げ、的に当たるとインクがはじけ得点になり、必殺技があり当てることができれば大きな打点を与えることができます。
相手の攻撃を避けながら自分の攻撃を当て相手のHPを0にするか、制限時間終了時に多くのHPが残っていたプレイヤーが勝利するという感じです。

 

「Graffity Inc.」が「ペチャバト」を開発!
「Graffity Inc.」とは?

2017年8月に森本俊亨さんが設立しました。
「イノベーションで人類を前進させる」をモットーにARコミュニケーションの開発に取りんでいる企業です。
主な事業はクライアントの課題や要望からAR技術を用いたソリューションを提案したり、AR技術を用いたビデオチャットやカメラ、アバター等「コミュニケーション」をコンセプトに開発と運営をしています。

評判はめちゃくちゃイイ!

「Graffity Inc.」の今後の方針
「Graffity Inc.」代表取締役森本俊亨さんはARCloudプラットフォーム構想について「屋内・室内の3次元データをゲーミフィケーションでとっていこうと考えている。」と述べていて、B2Bに関しては「これから他社とのコラボレーションで研究開発を本格化させる」とのことです。(https://www.huffingtonpost.jp/2018/12/11/pechabato_a_23615793/
*ARCloudプラットフォーム構想:すべての現実空間を3次元データとしてクラウドに保存すること(http://miraiseisakujo.net/pr/items/view/153650

最後に
今までアナログで行われていた遊びがAR技術とスマートフォンを使うことでお手軽に遊べ、しかも実際に弾を投げるわけではないので安全でいいですね!!
しかし、この「ペチャバト」相手がいない人つまりボッチには…(察し)
個人的には「Graffity Inc.」さんには次は昔から需要がある遊び「トレーディングカードゲーム(TCG)」に是非AR技術を盛り込んで欲しいです!!
(遊〇王やデ〇エルマスターズ等に)
「ペチャバト」が気になった方はインストールして遊んでみてください!↓
https://itunes.apple.com/jp/app/ペチャバト-arシューティングバトル/id1444974380?mt=8



運営元のモデリーは3Dデータ作成事業を行っております。費用・スケジュール感などチャットで気軽に相談可能!分かりやすい3Dデータ作成サービスを目指します!