VR

遊園地としまえんでVRお化け屋敷「怨霊廃線VR」がオープン!

東京練馬にある遊園地「としまえん」で、2017年12月22日からVR技術を活用したホラーアトラクションがスタートしました!
この新しいアトラクション「怨霊廃線VR」は、VRゴーグルをつけながら2人乗りのコースターに乗り楽しむもののようです。

ストーリーは、乗客が廃線になった線路の点検に訪れた係員という設定で、点検を進める上で怪奇現象や幽霊が襲ってくるというもの!
元々「ミステリーゾーン」という別のアトラクションだったのをVRを活用して他のアトラクションにリノベーションしたもの。
VR技術は場所に関係なく映像の世界に没入できるので、このように施設を全く変更せずに低コストでリニューアルするというのは、VR活用の好事例だと思います!

また本アトラクションは、としまえんを運営する「株式会社豊島園」、西武鉄道株式会社、VRコンテンツを製作する「株式会社ダズル」の3社合同のプロジェクトで、VR技術活用の検証も兼ねた試みとのこと。
「怨霊廃線VR」にはただ幽霊が出てくるだけでなく、線路点検をしっかり行えているかという”職業体験”的な要素も含まれており、アトラクション終了後に表示される5段階の評価も、幽霊を見つけた数に加え、線路の異常をしっかり検知できたかも評価の対象になるようです。

研修や教育部分の可能性模索も含めたVRアトラクションになっているんですね。
おもしろいです!
2018年4月9日(月)までの期間限定アトラクションのようなので、気になる人は早めに体験しに行ってみてください!

【アトラクション概要】
期間:【期間限定】 2017年12月22日(金) ~2018年4月9日(月)
場所:としまえん内ミステリーゾーン
利用料金:500円
※「木馬の会」会員 および「のりもの1日券」をお持ちの方は300円
※別途、入園料が必要です
利用制限:身長110cm以上(13才以上推奨)
※13才未満の方は単眼型スコープでのご利用となります

としまえん -「怨霊廃線VR」ページ-



運営元のモデリーは3Dデータ作成事業を行っております。費用・スケジュール感などチャットで気軽に相談可能!分かりやすい3Dデータ作成サービスを目指します!

関連記事

  1. MRスタートアップ「MagicLeap」が500億円の資金調達を…
  2. 新ジャンル!?VRリズムゲーム「FuluBeatVR」がApp …
  3. 夏の終わりはVRホラーで暑さをふっとばそう。
  4. スマホでVRコンテンツを堪能したい貴方へ送るVRゴーグル3種!
  5. 渋谷にVR専門アトラクション施設、「JOYPOLIS VR SH…
  6. 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?VRで見るか?
  7. Oculusってどんな会社?サービスの特徴からFacebookか…
  8. 視覚だけじゃない、あらゆる感覚を刺激するVRマシン「VR SEN…

新着記事

  1. 【Windows10付属ソフト『3Dビルダー』】初心者向けの使い方・機能紹介のサムネイル
  2. Unreal Engineのロゴ
  3. 2019年7月最新の海外3Dプリンターニュースサムネイル

PICK UP

PAGE TOP