参考資料のポイント

参考資料が多いほど、高品質な3Dコンテンツを制作可能です

お見積りの際、基本的には「形状が複雑なモデル」は高額かつ納品にお時間をいただきます。
一方「形状がシンプルなモデル」は比較的安価に短納期のお見積りをさせていただきます。

また、同じ対象でもどの程度の参考資料を頂けるかによって金額・納期は変動します。

そのため、充分な参考資料を事前にご準備いただくことで、コミュニケーションの時間短縮や作業の精度を高めることができます。

howto-illust.jpg

イラスト・写真

howto-3view.jpg

三面図

howto-cad.jpg

CADなどの図面

howto-shipping.jpg

実物の郵送

howto-movie.jpg

動画

参考資料のポイント

  • 写真・イラストデータはなるべく高解像度なものをお送りください。
  • 実物を撮影いただく場合、上下左右などできるだけ多くの角度からのお写真をお送りください。
  • 金属製品の場合、反射による写り込みをできるだけ避けてください。
  • 色情報なども、RGBなどの指定あるいは近しい画像でご指定ください。
  • 対象そのものの情報がお手元になくても、インターネット上の画像を収集いただけますと参考となります。
    • 「この人の画像で、この画像のポーズで」など、別々の画像でご指示を頂く場合も参考となります。

ご提供いただく資料が少ない場合

 

 

 

howto-paint.jpg

資料が少ない場合も制作可能です。

「正面からのイラスト1枚しかない」「インターネットで探した画像しかない」という場合もデータ制作は可能です。
足りていない部分の情報はデザイナーが即興で制作し、頂戴するフィードバックを元にブラッシュアップを重ねデータを制作することもできます。

対象のデザインが決まっていない時はクオリティサンプルをご指定ください

モデリングの精度を上げるためのヒント

デザインが決まっていなくても、制作するモデルの形状のおおよそのデザインや複雑さの度合いをクオリティサンプルとしてご指定いただけますとお見積りは可能です。
当サイトに掲載された制作実績のご指定を頂くか、インターネット上の画像、または「ニンテンドー64のスーパーマリオみたいに」「写真と見違えるぐらいリアルに」などニュアンスをご説明いただけましたら概算で金額・納期をご案内します。

3Dコンテンツプロジェクト実践ガイドブック表紙
ページ1 ページ2 ページ3 ページ4

目次

  • 3Dコンテンツプロジェクトで起こりがちな問題
  • ケーススタディで学ぶ 3Dコンテンツプロジェクトの3つのポイント
  • 制作段階ごとのサポート紹介
  • 3Dコンテンツプロジェクト制作事例

付録:
3Dコンテンツ制作準備チェックシート

初めての3Dコンテンツプロジェクト、失敗したくないご担当者様のために

3Dコンテンツプロジェクト実践ガイド(無料)をご用意しました。

「プロジェクトで3Dコンテンツ制作が必要になりそうだけど、何から手を付けたらいいかわからない…」とお困りのご担当者様のために、無料のダウンロード資料をご用意しました。今まで500件以上の3Dコンテンツプロジェクトを支援させていただいた知見をもとに、お客様がプロジェクトを円滑に進行させる際に重要となるポイントや、3Dならではの注意点を35ページのPDF資料にまとめました。3Dコンテンツプロジェクトの手引きとしてお使いください。

Zoomでディレクターに直接相談できる
3Dコンテンツプロジェクト相談会を実施しております。

Zoomでなんでも相談会 詳しくはこちらから

お問い合わせ・お見積もりは
メールフォームから受け付けております。

ご相談・無料お見積もり お問い合わせフォームへ