対応ソフト・データ形式

モデリーは世界各国に複数のデザイナーチームを持っているため、幅広いご要望に対応可能です。

作りたい3Dモデルやお客様の作業環境に応じて、適切な3Dソフトウェアや必要な拡張子でデータを制作します。

またご要望に合わせてお客様が編集可能な中間データを提出したり、複数の拡張子で納品するなど、柔軟な対応が可能です。

対応可能なソフト

Unity,Unreal Engine,Blender,3ds Max,Maya,ZBrush,Cinema 4D,MikuMikuDance,Rhinoceros,SOLIDWORKS,CATIA,Fusion 360,その他各種レンダリングソフト

  • soft-blender.jpg
  • soft-unity.jpg
  • soft-3dmax.jpg
  • soft-maya.jpg
  • soft-zbrush.jpg
  • soft-unreal.jpg
  • soft-cinema4d.jpg
  • soft-rhinoceros.jpg
  • soft-solid.jpg
  • soft-catia.jpg
  • soft-fusion.jpg

制作目的ごとの主な拡張子

 

VR unitypackage,fbx
AR/VR unitypackage,fbx,obj
Vtuber unitypackage,vrm,fbx
MMD pmd,pmx
Facerig dae
3Dアニメーション mp4,fbx
ゲーム fbx,unitypackageobj
画像レンダリング tif,png,jpeg
金型製造用 step,iges
3Dプリント stl,obj,wrl,ply,step,jpeg
3Dアバター unitypackage,fbx

※表にない拡張子での出力もできるだけ柔軟に対応いたしますので、お問い合わせ時にご相談ください。 

 

3Dコンテンツプロジェクト実践ガイドブック表紙
ページ1 ページ2 ページ3 ページ4

目次

  • 3Dコンテンツプロジェクトで起こりがちな問題
  • ケーススタディで学ぶ 3Dコンテンツプロジェクトの3つのポイント
  • 制作段階ごとのサポート紹介
  • 3Dコンテンツプロジェクト制作事例

付録:
3Dコンテンツ制作準備チェックシート

初めての3Dコンテンツプロジェクト、失敗したくないご担当者様のために

3Dコンテンツプロジェクト実践ガイド(無料)をご用意しました。

「プロジェクトで3Dコンテンツ制作が必要になりそうだけど、何から手を付けたらいいかわからない…」とお困りのご担当者様のために、無料のダウンロード資料をご用意しました。今まで500件以上の3Dコンテンツプロジェクトを支援させていただいた知見をもとに、お客様がプロジェクトを円滑に進行させる際に重要となるポイントや、3Dならではの注意点を35ページのPDF資料にまとめました。3Dコンテンツプロジェクトの手引きとしてお使いください。

Zoomでディレクターに直接相談できる
3Dコンテンツプロジェクト相談会を実施しております。

Zoomでなんでも相談会 詳しくはこちらから

お問い合わせ・お見積もりは
メールフォームから受け付けております。

ご相談・無料お見積もり お問い合わせフォームへ