各種データ変換・調整

データ変換のポイント

  • character-soft.jpg

    用途に合わせてデータの変換・調整をいたします

    MMD・Vtuber・AR・VR・ゲーム・3Dプリント用や画像素材用など、一口に3Dデータと言ってもいろいろなデータ形式があり、用途によって仕様が異なります。モデリーではそれらの3Dデータを用途に合わせて調整し、相互変換いたします。まずは元となるデータと共に、ご利用予定の用途やソフトウェア名をご相談ください。

  • 3dchange-pronama01.jpg

    3Dプリント用データへの変換

    3Dプリントをするための3Dデータは多くのルールがあり、不慣れな場合はエラーが多くなってしまいます。弊社では3Dプリントサービスを運営しているノウハウを活かし、お持ちのゲーム用などの3DCGデータを3Dプリントできるデータへ変換いたします。

  • change-girl.jpg

    MMDやVtuberモデルへの調整

    お持ちの3DキャラクターのデータをMMDやVtuberとして利用できるようにセットアップいたします。多くの設定があり専門ソフトでの調整が必要になる作業ですが、弊社のスタッフが元のキャラクターのデザインを崩すことなく最適なデータに仕上げます。

  • 3dchange-chair.jpg

    3DCADデータから3DCGデータへ変換

    設計用の3DCADデータは色情報もなくハイポリゴンモデルのため、一般的にはそのままAR・VRやゲームなどに利用することは難しいです。弊社に元のCADデータをお送り頂ければ、ご利用のアプリケーションに合わせてポリゴン数の削減やテクスチャーマップの作成を行い、用途に適したデータを納品します。

対応可能なソフト

CATIAやSolidworksのような3DCADソフトウェア、3ds MaxやMayaのような3DCGソフトウェア、またUnityやUnreal Engineのようなゲームエンジンなど、3Dデータの用途やお客様の環境に合わせて、さまざまなソフトウェア・形式でご対応可能です。

  • soft-3dmax.jpg

    3ds Max

  • soft-maya.jpg

    Maya

  • soft-blender.jpg

    Blender

  • soft-cinema4d.jpg

    Cinema 4D

  • soft-unity.jpg

    Unity

  • soft-unreal.jpg

    Unreal Engine

  • soft-catia.jpg

    CATIA

  • soft-solid.jpg

    Solidworks

参考価格

3dchange-pronama02.jpg
mpronama2.jpg
作業内容 価格
CGから3Dプリントデータへ変換 ¥30,000
before.png
3dchange-chair02.jpg
作業内容 価格

CGから3Dプリントデータへの変換

¥30,000