AR表示用の3Dデータ調整

株式会社バンダイナムコアミューズメントの「P.O.D.が当たる!仲間との絆を見つけよう!戦場の絆プレゼントキャンペーン!」において、
既存の3DモデルをARで表示可能とするために微調整を行いました。
リトポロジーによるファイルサイズの削減、拡張子の変更(.usdz .glb)、その他テクスチャ並びに計上の調整を行いました。

参考価格 非公開
拡張子 .usdz .glb
参考納期 15営業日
ポリゴン数 約10万

©創通・サンライズ


3Dコンテンツプロジェクト実践ガイドブック表紙
ページ1 ページ2 ページ3 ページ4

目次

  • 3Dコンテンツプロジェクトで起こりがちな問題
  • ケーススタディで学ぶ 3Dコンテンツプロジェクトの3つのポイント
  • 制作段階ごとのサポート紹介
  • 3Dコンテンツプロジェクト制作事例

付録:
3Dコンテンツ制作準備チェックシート

初めての3Dコンテンツプロジェクト、失敗したくないご担当者様のために

3Dコンテンツプロジェクト実践ガイド(無料)をご用意しました。

「プロジェクトで3Dコンテンツ制作が必要になりそうだけど、何から手を付けたらいいかわからない…」とお困りのご担当者様のために、無料のダウンロード資料をご用意しました。今まで500件以上の3Dコンテンツプロジェクトを支援させていただいた知見をもとに、お客様がプロジェクトを円滑に進行させる際に重要となるポイントや、3Dならではの注意点を35ページのPDF資料にまとめました。3Dコンテンツプロジェクトの手引きとしてお使いください。

お問い合わせ・お見積もりは
メールフォームから受け付けております。

ご相談・無料お見積もり お問い合わせフォームへ