AR教育アプリ用、薬効3Dアニメーション

教育用のARアプリケーションで使用する、薬効の3Dアニメーションを作成しました。薬が口から入りどのように成分が作用していくかを表したアニメーションになっております。TシャツにARマーカーが印刷されアプリ越しに見ると、解説付きのアニメーションがstep毎に再生される仕組みで利用されました。横浜市の医療イベントで使用され、朝日新聞にも取り上げられました。

参考価格 ¥550,000
カラー カラーあり
参考納期 40営業日
ポリゴン数 約10万

IMG_1327.JPG

ARアプリで使用されました

IMG_0109.jpg

掲載された朝日新聞の記事

似ている制作実績

お問い合わせ・お見積もりは
メールフォームから受け付けております。

ご相談・無料お見積もり お問い合わせフォームへ