3Dソフトウェア

3Dプリント用のデータがつくれる「魔法のしゃもじ」が登場

3Dを生み出すシャモジ

 

ご飯をよそう道具、シャモジ。

しかし、今回紹介するシャモジは3Dデータも作ることができる”魔法のシャモジ”なんです。

Indiegogoというクラウドファンディンにて応募されている「Yeehaw Wand」

こちらは、シャモジを手にとって動かすと3Dデータがつくれるというもの。見た目もオシャレで値段もそこそこ安い、画期的な3Dデータツールです。

 

面白いなーと思った点

  • ソフトを学ばなくても直感的に操作できる
  • 海外の人が発案したのが、”日本で使われるシャモジ”というギャップ
  • デモ動画にいろいろと突っ込みどころがあるw
  • 必要以上にシャモジがオシャレ▼動画はこちら

 

動画で気になった点

・3Dソフトは要らないというメッセージの際に、3D MAX、MATA、ZBRUSHなどの名だたるソフトを名指しにしているww

・造形サンプルのキャラクターが謎

像でしょうか?ネズミでしょうか?

海外で出されるクラウドファンディングのプロジェクトって、たまに動画がはっちゃけてたりするので面白いです。

 

ARの機能がある?

こちらの「Yeehaw Wand」の仕組みですが、ARの機能がついております。そのためiPad上でかざすとシャモジを感知し、画面上に反映されます。

▼詳しい制作動画

 

無駄にオシャレ

おしゃれなシャモジ。デザイン性も非常に高いです。

本体価格は25,000円

この「Yeehaw Wand」は本体価格約25,000円。

オプションも豊富に揃っております。ipadスタンドまで作ってるんですね。

(なんで全部大文字なんだろう…)

 

ちなみに、2.5万ドルの目標額に対して、(2017/10/5)時点で約3万ドルの支援が入っております。支援額を楽にクリアしておりますね。

あと、このシャモジは実際にご飯をよそうことができるのか……?

 

いろいろと気になります。

 

最後に、プロジェクトのページはこちらからどうぞ!

 

 

■参考サイト

https://fabcross.jp/news/2017/20171003_3dimagedrawing_yeehawwand.html



運営元のモデリーは3Dデータ作成事業を行っております。費用・スケジュール感などチャットで気軽に相談可能!分かりやすい3Dデータ作成サービスを目指します!

関連記事

  1. 【2019年版 3DCG入門】アニメーションに使える3Dソフトって何があるの?サムネイル 【2019年版 3DCG入門】アニメーションに使える3Dソフトっ…
  2. イラスト屋をキーホルダーにしてみた!
  3. 無料の3Dモデルソフト、3Dデータ共有サイトの紹介
  4. 2Dの写真やイラストから簡単に3Dを作成! After Effe…
  5. Googleが参入。新3Dデータ共有サイト「Poly」を紹介
  6. 建物を作る時におすすめな3Dソフトとは
  7. 基本コマンドの確認! Fusion360で六角ナットのモデリングのサムネイル画像 基本コマンドの確認! Fusion360で六角ナットのモデリング…
  8. 粘土感覚で3Dモデルが作れるソフト「Sculptris」とは

新着記事

  1. 基本コマンドの確認! Fusion360で六角ナットのモデリングのサムネイル画像
  2. Fusion360で学ぶ! レンダリングの基本サムネイル画像

PICK UP

目次

PAGE TOP