製品・サービス紹介

どうやって依頼する? VtuberやMMD用3Dモデルの外注方法!

これからVtuberモデルを作りたい人に必要になるのが、3Dキャラクターの3Dモデルです。外注したいけれど、外注の方法がわからないという方も多いですよね。

 

そんな方に向けて、今回はVtuberの3Dキャラクターの3Dモデルを外注する方法や価格について解説していきます。

 

この記事を読めば以下のことがわかります。

・Vtuberについて

・Vtuberの3Dモデルを外注するまでの流れ

・Vtuberの外注時の価格

・Vtuberの外注おすすめ業者

 

これからVtuberを目指す方へ

「Vtuberって言葉は聞いたことあるけど、実際どのような定義なの?」って方もいらっしゃいますよね。これからVtuberについて詳しく解説します。

 

そもそもVtuberって何?

Vtuberは、バーチャルYouTuberの略称で、3DCGもしくは2Dなどのアバターを持つキャラクターがYouTubeで動画配信をすることを指します。

 

しかし、最近ではYouTubeだけの活動に留まらずニコニコ動画やSHOWROOM、REALITYなどといった動画配信サイトでの活動をするバーチャルYouTuberも多く見られます。

 

バーチャルYouTuberという言葉自体は、2017年当時は「キズナアイ」だけを指す単語でしたが、「電脳少女シロ」や「ミライアカリ」の登場により、総称として認識され用いられるようになりました。

 

▼弊社で制作した3Dモデルを実際に配信している様子です。

弊社で制作した3Dモデルを実際に配信している様子

Vtuberってどうやって撮影がおこなわれているの?

Vtuberの撮影形式は、3Dモデルが必要です。ユーザーの動きをモデルに反映させるトラッキングを機能させます。トラッキングにはWebカメラやモーションキャプチャー機器、スペックの高いPCを使用します。

 

しかし、これらの技術介入が必要なVRデバイスや3DCGを用いた方法はあくまでオーソドックスなやり方です。

 

例えば、ゲーム実況アプリ「Mirrativ(ミラティブ)」は、スマホひとつで誰でもVtuberになれるアバター機能「エモモ」を利用できるため、Vtuberの撮影形式のハードルは年々下がっています。

Vtuberはイラストが重要!

「Vtuberを実際に作ろう」となったときに重要になるのはなんといっても見た目です。見た目の差別化を図ることで、人気のVtuberになることも夢ではありません。

 

イラストは個人で作ることもできますが、よりクオリティの高いVtuberを制作しようとなったときに、外注するという選択肢が出てきます。以下の項目では外注の方法と費用について解説します。

 

Vtuberの相場価格

Vtuber制作から運営にかかる費用は、ピンきりになりますが3DCGか2Dかでも大きく変わります。2Dではだいたい15万~100万ほどで、3DCGとなると50万~300万が相場です。

 

業者に制作依頼をするとある程度コストがかかりますが、高いクオリティであるうえに修正などの対応も含まれるため、今すぐに始めたい方や本気で運営したい人にはおすすめです。

 

ご利用までの流れ

ご利用までのステップとしては以下のとおりです。

①業者への見積依頼

②仕様の決定

③制作開始

 

まずは、自分がどういったVtuberを作りたいのかというイメージを明確化しましょう。そのときに、今回の制作を依頼するにあたっての予算も伝えます。

 

イメージを明確にしたら、実際に業者に問い合わせをします。問い合わせた内容からバーチャルYoutuber制作に最適なプラン、見積もりなどを業者が提案します。

 

見積りを依頼するときには、複数の業者に見積もりを取り、自分の予算に対する価格やプランなどの比較をすると、安くて質の良いプランを選択することができるのです。

 

次に、実際の業者との打ち合わせで制作イメージやプロモーション内容を具体的に説明します。この段階で不明点や不安な要素はすべて解消しましょう。

 

実際にどういった完成品になるのかまでをしっかりとイメージしておかないと、想像と違うものができあがってしまいます。そうならないためにも、少しでも気になることは質問していきましょう。

 

最後は、制作内容や具体的なプラン、活動内容が決まりしだい制作に移ります。制作をスムーズにおこなうためには、ヒアリングで業者としっかりイメージのすり合わせをしておく必要があります。

 

ここでイメージ通りの制作をしてもらえるように、準備をしっかりと進めていきましょう。



見積・制作依頼の方法

実際に、見積りや制作依頼の方法について解説していきます。依頼をするときにおすすめしたいのは、3Dモデルの制作指示書を作成することです。

 

3Dモデルの制作指示書とは、イラストや3Dモデルなどの制作依頼をする際に、自分のイメージをデザイナーに伝えるための資料になります。お互いの認識に齟齬がでないためにも、指示書での依頼をおすすめします。

 

依頼主とデザイナーの意思疎通がスムーズに! 3Dモデルの制作指示書とは? 

主にExcel、PowerPointで制作されている方が多いです。ここに書いてある情報を確認しながら、依頼主が求めているキャラクターや背景、小物やエフェクトなどをデザイナーがおこしていきます。

 

指示書は、特定のフォーマットが決まっていないため、制作会社によってバラバラです。この指示書をしっかりと作りこみ、お互いに認識を合わせることが今後のフェーズを進めていく上で重要となります。

 

指示書には何を書けばいいの?

主な内容としては、以下のとおりです。

・キャラクターの三面図

・ポリゴン数

・データの個数

・納品形式

・使用用途

・参考資料

 

この中でも、キャラクターの三面図は重要です。以下が過去に弊社で制作した三面図になります。

柴犬の三面図

ロボットの三面図

女性の三面図

三面図の制作時には、以下の内容がポイントです。

・正面・側面・背面から見た時の画像

・色についての情報

・「あ」「い」「う」「え」「お」の口の形をしている時の画像

・「喜怒哀楽」の表情

・両目の瞬き、もし可能であれば髪の毛をとった丸坊主の状態の頭部

 

これらの情報があれば、指示書としても十分な内容になるでしょう。ここで、よりクオリティを高める指示書を作成するためのコツを紹介します。

 

より深く伝えるための指示書の作り方とは……

先ほど指示書の内容として、どのような内容を盛り込むのかは解説しました。では、より深く伝えるような指示書を作るにはどうすれば良いと思いますか? 答えは、以下の内容を盛り込んであげましょう。

・使用用途を明らかにする

(例)UnityとKinectを使って動画を配信する

・作成日と制作者の名前を明らかに

⇒制作時の事故防止のため

・命名規則や個々の納品形式

⇒特にメッシュデータは制作ツール以外ではリネームができないことが多いため

・世界観や設定を明らかに

⇒テイスト合わせや、資料にない部分の補完のため

・「どう見せたい(感じさせたい)のか」という意図

⇒品質向上、方針合わせのため

・「素材」や「使い込まれ具合」

⇒実物として存在したときの説得力が増すため

 

特に、なかなか言葉で伝わりづらい世界観や設定に関しては、「イメージと違う」と完成後になる可能性があるので、しっかりと作りこんでみましょう。

 

制作事例(モデリーでの対応実績・費用)

ここまで、外注の方法について解説してきましたが、実際にどこの業者を選べばいいかわからない方が多いですよね。

 

そこで今回は、「モデリー」について解説していきたいと思います。

 

モデリーとは?

モデリーとは、3Dデータ作成の依頼ができるサービスです。お客様の納得の価格、安定の品質であらゆる3Dデータを提供しております。

 

モデリーはこんな人におすすめ

モデリーは、以下の方におすすめです。

・短納期の依頼だけど品質を保ちたい

・指示通りのデザインが完成するか心配

・予算の都合上、低コストで依頼したい

要するに、早い・安い・上手いの3拍子が揃っているのがモデリーということです。

 

Vtuberのモデルになる3Dキャラクターの制作にかかる価格はどれくらい?

モデリーで依頼する場合の予算感は、目安として以下の通りです。

 

■3Dデータ作成

15万円

 

■剛体、物理演算設定

モーフターゲット設定費:10万円

基本ボーン&ウェイト設定費:10万円

オプションボーン設定費(衣服、上半身2段、襟IK、腕捻り、腰捻り、グループなど)

:10万円

追加ウェイト設定費(髪や衣服など):10万円

物理・剛体設定費(髪):10万円

物理・剛体設定費(衣服):10万円

 

合計 80万円ほど

 

他の業者と比べても、低価格になっています。また、お客様の予算に合わせて最適なプランを提供するため、まずはご相談をおすすめします。



モデリーの制作実績

女子高校生のMMDモデル

こちらは、弊社で制作した5人の女子高校生キャラクターのMMD、Vtuber用のモデルのうちの1人です

お客様はUnityを扱え、Vtuber用の変換や調整はできるとのことでしたので、弊社ではMMD用の設定のみをおこなっております。テクスチャーはノーマルマップで制作しました。

 

また、表情モーフは一般的なMMD用のセットで作成し、ボーンは上半身2段、襟IKを入れ、MMDで汎用的なモデルに仕上げています。ロングヘアーとスカートには物理設定をおこない、自然に揺れるようにしました。

 

参考価格

¥600,000

カラー

カラーあり

参考納期

1.5ヶ月

ポリゴン数

約10万



まとめ

今回は、VtuberやMMD用3Dモデルの外注方法から、実際の依頼業者まで解説しました。もし、今すぐにVtuberを使いたいという方がいれば、モデリーをご利用ください。

 

無料相談も実施しているため、まずは無料相談をおすすめします。今回の記事を読んで、一人でも多くの方がVtuberに興味を持っていただければ幸いです。

参照:3Dデータ作成サービスMODELY



運営元のモデリーは3Dデータ作成事業を行っております。費用・スケジュール感などチャットで気軽に相談可能!分かりやすい3Dデータ作成サービスを目指します!

関連記事

  1. 3Dデータが無料でダウンロードできるサイトまとめ(CG/アニメー…
  2. ワコール3D smart & try(スマート アンド トライ)」東急プラザ表参道原宿 3D測定やAI接客などを実施する「ワコール3D smart &#…
  3. すべてフリー!Thingiverseにあるユニークな動物の3Dデ…
  4. 【まとめ】車の3Dデータをフリーでダウンロードできるサイトをご紹…
  5. 初音ミクって何者? 名前の由来から実際の動画などを紹介
  6. 3Dデータが無料でダウンロードできるサイトまとめ(3Dプリンター…
  7. 動き回れるVRを体験せよ!!!都内で体験できる移動型VRゲームま…
  8. 絵かきやデッサンに使いたい!3Dモデルをスマホで見れるアプリ4選…

新着記事

  1. 基本コマンドの確認! Fusion360で六角ナットのモデリングのサムネイル画像
  2. Fusion360で学ぶ! レンダリングの基本サムネイル画像

PICK UP

PAGE TOP