写真から3Dモデリングができる「Smoothie-3D」を実際に使ってみた

「Smoothie-3D」とは?

 

画像出典元:https://fabcross.jp/news/2015/01/dmln53000000jw30-img/dmln53000000jw3n.jpg

 

「Smoothie-3D」は、写真を元に3Dモデリングを自動で行ってくれるサービスです。

シンプルかつ直感的な操作で利用できるので、初心者でも簡単に3Dモデリングを行うことができます。 2年前くらいのサービスですが、当時ネットで大きな話題を詰めました。

公式サイトのデザインもシンプルですね! 運営元は探ってみたのですが、特に分かりませんでした。どこだろう。。

 

「Smoothie-3D」の特徴

  • 完全無料で使える
  • 写真やイラストから3Dモデリングができる
  • ソフトのダウンロードなどは不要。オンラインのWEB上で利用できる
  • 3Dプリントサービスの「Shapeways」、3Dデータ共有サイト「Thingiverse」などにつなげてくれる
  • 作ったモデルは、STL・OBJ・WRLなどで保存できる

実際に使ってみた!

さぁ、そんな便利で楽しそうな「Smoothie-3D」を早速使ってみましょう!

まず、トップページの右上にあるアカウント作成をクリックし、会員登録を行います。

マイページに飛び、NEWプロジェクトを押します

左上にある「image」から画像を読み込みます。

今回は、フォルダに保存されてあった「まいたけをモチーフにした犬」のキャラクターを使用します

まず輪郭部分を作ります。顔のほっぺのところまでマウスでなぞります。

修正を行って、次は右手(右足)

青の点線がありますが、これではみ出した部分を修正することができます

次は左手(左足)

後ろ足

この調子で、胴体・尻尾・アタマ部分・鼻・口を一通り囲っていきましょう。

そして左上にある視点を変えるコマンドがあるのでクリックして、全体像を見てみます。

どんな感じでしょう?楽しみですね!

 

 

 

・・

 

 

・・・・え?

 

 

おえ!

 

なんか変な生き物が誕生しました。

あまりのキモさに、タブを閉じてしまったので、画像はここまでです。

 

【結論】失敗!!!

 

本当に役に立つ説明動画

今回、ハウツー記事として全く役目を果たせてないまま終わりそうですので、ちゃんと参考になる動画を紹介していきます。

 

 

イラストからの作成は、こちらの記事をどうぞ。

Smoothie-3D で 初音ミク を3Dに!

 

制作事例

ちゃんとやれば、こんな感じで3Dモデルを作ることができます。

こちらのモデルは、Sketchfabで見ることができます。

 

 

いかがでしょうか?

とりあえず、今回は写真素材が悪く、上手く3Dモデリングを行うことができませんでしたが、ちゃんとやれば精巧なモデリングができそうですね!

 

「Smoothie-3D」を運営している方々、申し訳ございませんでした。



運営元のモデリーは3Dデータ作成事業を行っております。費用・スケジュール感などチャットで気軽に相談可能!分かりやすい3Dデータ作成サービスを目指します!