3Dソフトウェア

スマホで簡単にモデリング出来るアプリ「Makebox AR」を使ってみた。

こんにちは、モデログ編集部です。

昨今、AppleはiOS11から「ARKit」でAR(拡張現実)に対応、AndroidもARコンテンツを利用可能とするプラットフォーム「ARCore」をGoogleが発表するなどスマートフォンのAR対応が進んでいます。

今回はAR機能を使って積み木のように3Dモデリングが出来るアプリ「Makebox AR」をご紹介。

Makebox ARって

「Makebox AR」はマインクラフトのように正方形のBOXを組み合わせて3Dモデリングが可能です。

機能については以下の項目を参照してください。

※公式サイトより引用


■ 3Dモデリングが簡単にできる!
ARKit/Tangoの技術を使って積み木感覚で直感的に3Dモデリングが可能!

■ 作ったモデルはWebに共有できる!
Makebox ARで制作した3DモデルをアプリからWebにアップロードすることが可能!

MakeboxのWebサイトはこちら-> https://make-box.com

■ 他のユーザーが投稿したモデルを見れる!
他のユーザーが投稿したモデルを呼び出して見たり、編集することができます。
(現在iOS専用となっております)

■ objファイルのダウンロードができる!
作ったモデルをWebに共有すればobjファイルとしてダウンロードすることができるので、他の3Dモデリングツールで編集可能!

■ 毎日お題が更新される!
毎日変わるお題に挑戦することができます。
作りたいものがなくても、気軽にお題に沿った3Dモデルを作れます。
もちろん。自由に3Dモデリングを楽しむこともできます!


開発元である株式会社ViRDはVRコンテンツ制作会社としてVR上で3Dモデリングができる「Makebox」というVRアプリケーションを提供しています。
今回はそちらのARアプリということですね。

実際に使ってみた

アプリを起動するとカメラ機能がオンになるので床を認識させます。

Makebox AR

お題などもあります。

Makebox AR

簡単に作ってみました。
意外と難しいです。

Makebox AR

他のユーザーの作品を見ることもできます。
完成まで一から構築されていくのを見ることができおもしろいですよ。

Makebox AR

 

現在、期間限定で無料配布しておりますので今の内に
ダウンロードして遊んでみて下さい。

それではまた次回。



運営元のモデリーは3Dデータ作成事業を行っております。費用・スケジュール感などチャットで気軽に相談可能!分かりやすい3Dデータ作成サービスを目指します!

関連記事

  1. 1枚の顔写真から3Dデータを機械学習を用いて作成するアルゴリズム…
  2. ブラウザ上で楽しめる3Dペイントツール「SculpFab」とは
  3. 建物を作る時におすすめな3Dソフトとは
  4. 全て無料。3Dデータをサクっとつくれる3Dソフトの紹介
  5. VR上で3Dモデリングが始められるソフト「Blocks」
  6. CGからCADまで!3Dモデル作成ソフトを比較します
  7. 粘土感覚で3Dモデルが作れるソフト「Sculptris」とは
  8. 無料なのに高性能な3Dモデルソフト「Fusion360」知ってお…

新着記事

  1. 基本コマンドの確認! Fusion360で六角ナットのモデリングのサムネイル画像
  2. Fusion360で学ぶ! レンダリングの基本サムネイル画像

PICK UP

PAGE TOP