AR

【制作事例紹介】ARカードゲーム用ウルトラマンの3Dデータ

モデログを運営している株式会社メルタでは、3Dプリントサービス「3Dayプリンター」や、3Dデータ作成サービス「モデリー」を展開しております。

本日は弊社の制作実績であるARカードゲーム用に作成したウルトラマンの3Dデータをご紹介します。

「ウルトラマン」って?

ウルトラマンは1966年から放送を開始した特撮ヒーロー番組で、地球にやってきた怪獣をやっつける正義の巨人「ウルトラマン」の活躍を描いたフィクション作品です。特撮ヒーローを代表するキャラクターで、今でもシリーズとして放送されています。

現在放送されているウルトラシリーズは「ウルトラマン タイガ」で2019年7月6日から放送されています。ちなみに筆者は「ウルトラセブン」世代です。

© TSUBURAYA PRODUCTIONS Co., Ltd.
左から「ウルトラマン」「ウルトラセブン」「ウルトラマン タイガ」

3DのウルトラマンがARカードゲームに登場!

そんなウルトラマンの3Dデータ作成のお手伝いをさせていただきました。ARの対戦カードゲームに登場する3Dデータとそのアクションのアニメーションをメルタで担当しています。

ゲームとしては、カードを2枚並べて専用スマホアプリ越しに見ると、キャラクター同士でバトルが始まります。必殺ワザカードを横に配置すると必殺ワザのアクションが発動し相手に大ダメージ! 先にHPを0にすると勝利するというゲームです。

対戦カードゲームとAR技術が組み合わさった非常に面白いゲームですね。

実際の対戦動画

参考資料と制作物

弊社では、市販されている人形を元に「初代ウルトラマン」「ウルトラセブン」「バルタン星人」「ゴモラ」の4種類の3Dデータ、及びそれぞれの攻撃、防御、ダメージを受ける、必殺技、倒れるなどのアニメーションまで担当させていただきました。

初代ウルトラマン
ウルトラセブン
バルタン星人
ゴモラ

アニメーションについては、実際のアクターの方に攻撃、防御、のけぞる、必殺技などのキャラクターの動きを演じてもらい、その動画を元にモーション作成しました。

【案件概要】
用途:ARカードゲーム
参考価格:4種で35万円
参考納期:4種で20営業日
ポリゴン数:1種当たり約1万ポリゴン

モデリー」ではウクライナのデザイナーと提携し、このようなAR、VR、3Dアニメーションなど、幅広い3Dデータ作成を承っております。イラストや写真から3Dデータを作成したいというご要望がございましたら、ぜひお気軽にご相談ください。



運営元のモデリーは3Dデータ作成事業を行っております。費用・スケジュール感などチャットで気軽に相談可能!分かりやすい3Dデータ作成サービスを目指します!

関連記事

  1. 3Dデータ作成依頼の時に気をつけたいこと。依頼のコツから参考価格…
  2. 21世紀のオナラを体験しよう!「fARtjacker」ってアプリ…
  3. 「ハリポタGO」のようなゲームが着々と開発中?
  4. 謎に包まれていた最新VR施設「VRZONE SHINJUKU」と…
  5. 映画、ゲーム、レストラン!「ARKit」で作られたアプリの事例ま…
  6. ARマーカーの基本!メリットから使い方について説明していきます
  7. AR、VR、MRの違いってなに? 動画や事例を元に説明します!
  8. 謎ベンチャー「MagicLeap社」が遂に初製品を発表。発売は2…

新着記事

  1. 基本コマンドの確認! Fusion360で六角ナットのモデリングのサムネイル画像
  2. Fusion360で学ぶ! レンダリングの基本サムネイル画像

PICK UP

PAGE TOP