製品・サービス紹介

無人でも対応可能!? 空港ラウンジで使われた3Dホログラム映像技術『エアリアルUIソリューション』とは

エアリアルUIソリューション

今回は、3Dホログラム技術の応用技術でNTTの提供する「エアリアルUIソリューション」について紹介します。

エアリアルUIは特殊ガラスに立体を映し出し、遠隔で顧客対応などに利用が予定されている技術です。JALの羽田空港のラウンジで試験的に導入されています。

概要

  • MR技術なしでもホログラムを映し出す技術
  • 知見がなくても利用できるコンサルティングチームのフォロー
  • その場にいなくても受付・案内ができる
  • JALがトライアルを実施

ホログラム映像技術【エアリアルUIソリューションとは】

エアリアルUIソリューションとは、NTTコミュニケーションズ株式会社の提供するホログラム技術です。

特殊ガラスに立体を映し出すことで通話や顧客応対などに活用できます。同技術に対する知見がなくても活用ができるほか、同社のコンサルティングチームのサポートを受けながらビジネスに利用できることがメリットです。また、MRなどゴーグルが必要ではないため気軽に利用できることもポイント。

エアリアルUIのイメージ画像
出典:(C)NTT Communications Corporation

JALのラウンジでの3Dホログラム映像技術の活用方法とは

JALではこの「エアリアルUIソリューション」を2019年4月10日~4月21日の間、羽田空港国際線サクララウンジでトライアルとして実施しました。

同技術の特殊ガラスへの映写機能を利用し、映し出された3Dホログラムの従業員が遠隔で顧客の対応しています。シャワールームに受付案内や、開施錠などが業務としておこなわれました。

出典:(C)Mynavi Corporation

ホログラム技術の応用で業務効率化にもつながるかも

今回は、NTTコミュニケーションズの提供する「エアリアルUIソリューション」についてご紹介しました。

遠隔で顧客対応が可能になるため、長時間稼働が必要な空港業務やホテル業務などがこの技術を導入することにより、スタッフの負担の減少に繋がるのではないでしょうか。

参照
NTTコミュニケーションズ|未来的なUIを実現する
エアリアルUIソリューション
「3Dホログラム技術を使った遠隔受付 – JALがラウンジで実施」



運営元のモデリーは3Dデータ作成事業を行っております。費用・スケジュール感などチャットで気軽に相談可能!分かりやすい3Dデータ作成サービスを目指します!

関連記事

  1. 全て3Dプリンターで出力した電動バイク!? NERAをご紹介!
  2. 複雑な3Dモデルを作りたい人必見! 3Dモデルと制作費用の関係と…
  3. Kinect(キネクト)とは?意味と用途について説明
  4. 初音ミクって何者? 名前の由来から実際の動画などを紹介
  5. 絵かきやデッサンに使いたい!3Dモデルをスマホで見れるアプリ4選…
  6. どうやって依頼する? VtuberやMMD用3Dモデルの外注方法…
  7. 見て楽しい!Sketchfabおすすめ投稿を発表!!(動物・人編…
  8. 3D PDFってなんぞや。簡単な説明と作成方法について
PAGE TOP