漫画・イラスト用3Dデータ制作

 漫画やイラストの制作を3Dモデルでお手伝いします

  • 1.jpg

    3Dデータを活用して漫画・イラスト制作を効率化

    漫画やイラストの下絵・背景の制作にお困りではありませんか。メインキャラクターから家具のような小道具・背景まで、繰り返し登場するものを3Dデータ化することで、漫画・イラストの制作にかかる時間を大幅に短縮し、制作効率を上げることが可能です。 お客様のご要望に合わせて、柔軟に制作いたします。

  • 2.jpg

    3面図から簡単にデータ制作可能

    ご依頼の際は、3面図(正面・側面・背面)をご用意ください。 もし3面図がない場合でも、漫画資料、イラスト、写真、動画などをご提供いただければ制作可能です。

  • 3.jpg

    漫画・イラスト制作ソフトに取り込んで3Dデータを活用

    キャラクターを3Dで制作するメリットは、360度様々な角度からキャラクターの見え方を検討し、そのまま線画として書き出しできることです。また、3Dモデルに関節を設定するリギングを行うことで、ポーズをつけて動かすことも可能になります。

    お客様の声

    漫画に登場する妖怪キャラクター『輪入道』の3Dモデル化を依頼しました。一体の線画を描くために2時間かかるところを、3DがあるおかげでCLIP STUIDIOでのLT変換だけで済むので、2分程度で制作できるようになりました。もちろん形も正確に捉えることができるので、リアリティの精度が増しています。

    『妖怪戦葬』作者 弓咲ミサキックス先生

対応可能なソフト

CLIP STUDIO、Blender、Poserで取り込んでいただける形式で、3Dデータを作成可能です。

  • soft-unity.jpg

    Unity

  • ダウンロード (1) 1.png

    Blender

  • software_clipstudio.png

    CLIP STUDIO PAINT

  • software_poser.jpg

    Poser