3Dプリンター

3Dプリンターで歯列矯正の概念を変える? 非金属で矯正の悩みを解消サムネイル画像

3Dプリンターで歯列矯正の概念を変える? 非金属で矯正の悩みを解消

歯並びを直したい人は歯列矯正を受けますが、「ワイヤー治療」や「裏側矯正」などが一般的な治療法です。しかし、ワイヤー矯正などは見た目や痛みなどの悩みを持つ人が多いとも言われてます。3Dプリンター製のマウスピースならば、悩みを解決できる可能性があるので詳しく紹介します。

概要

  • 口のなかをスキャンして歯の地図を作成
  • 3Dプリンター製のマウスピース
  • 通院いらずの義歯も作成できる
  • 低価格で高精度
  • 型を取る必要がないため負担が少ない

3Dプリンタ―を活用した歯列矯正器具

従来の歯列矯正器具は歯型やレントゲンを取るなど、何度も病院に通うため、患者自身の負担や時間がかかるなどのデメリットがあります。先述のとおり、金属製のワイヤー治療などは痛みを伴うため日常に不自由が生じてしまうこともあるのです。

対して、歯列矯正につかうマウスピースが3Dプリンター―製の場合、口の中をスキャンし口腔内を3Dデータ化した上で器具を作成するので、歯型をとる手間がいりません。また、正確にデータ化しているため自分にあった器具を作成できるのです。

従来の歯列矯正の課題と改善点

歯列矯正の課題として、痛みや口への異物感などがありました。金属製の矯正器具を使用する場合、避けられないデメリットともいえます。しかし、プラスチック製のマウスピースならばそれらの悩みを軽減できるといわれているのです。

口にピッタリあう器具を装着でき、違和感などが少なくなります。ワイヤーの場合、歯と器具の間にモノがつまるなどの悩みがありますが被せるタイプならその心配もないでしょう。ワイヤーの場合は、100万円からという場合が多いですが、マウスピースの場合は20万円から施術を行ってる所もあるため費用面でもメリットがあります。

いままで上記のような悩みで歯列矯正の実施をためらっていた方はプラスチック製のマウスピースを試してみてはいかがでしょうか?

3Dプリンタ―製のマウスピースで自分にあった歯列矯正を

いままで歯列矯正をためらっていた方は、紹介した3Dプリンター製のマウスピースを試してみてはいかがでしょうか。費用面や痛みなどの不安を抱えている場合、歯科医師にプラスチック製のマウスピースを試したいことを相談してみましょう!



運営元のモデリーは3Dデータ作成事業を行っております。費用・スケジュール感などチャットで気軽に相談可能!分かりやすい3Dデータ作成サービスを目指します!

齊藤 一樹

齊藤 一樹

投稿者の記事一覧

千葉県出身。観光学部観光学科を卒業。リスティング広告・SEOコンテンツの企画/編集・構成/作成などに従事。学生時代はライターとして活動し「マルチ 潜入」のキーワードで検索1位になった経験がある。

関連記事

  1. ニューバランスが3Dプリンターを活用した「990 Sports」を発表! 弾力性の高いミッドソールが特徴サムネイル画像 ニューバランスが3Dプリンターを活用した「990 Sports」…
  2. 傷んだ食材が3Dプリンターで蘇る!? 食品×3Dプリンターの世界…
  3. 【制作事例】VR野球ゲームのバット型コントローラーを制作しましたサムネイル画像 【制作事例】VR野球ゲームのバット型コントローラーを制作しました…
  4. 3Dプリンターイメージ画像 【気軽に3Dプリンターを体験】東京の3Dプリンター体験できるスポ…
  5. 【薄毛を3D技術が救う?】3Dプリンターで作った生体適合性プラスチックの活用と薄毛対策とはサムネイル画像 【薄毛を3D技術が救う?】3Dプリンターで作った生体適合性プラス…
  6. 【橋を3Dプリンターで作成!?】大林組が導入した建設用3Dプリン…
  7. ジオラマ模型に利用される3Dプリンター
  8. ドヤ顔をして3Dモデルをつくろう! ろくろ回しで陶芸ができる「バ…

新着記事

  1. 【Fusion 360】アセンブリの基本 7つのモーションタイプについて学ぼう!サムネイル画像
  2. 【Mobile版も登場】VRoidでキャラクターを作成!どのように活用できる?サムネイル画像
  3. 3D×バズインタビュー! vol.1 3D「プリン」ター / 都 淳朗 サムネイル画像

PICK UP

PAGE TOP