3Dモデリングソフト

【2019年版 3DCG入門】アニメーションに使える3Dソフトって何があるの?

ZBrush

3Dモデルと一口によく言われますが、大きく2つの種類に分けられます。設計などに使われる「3D CAD」によるモデル、そしてアニメーションなどの映像作品や静止画作品などに使用される「3D CG」モデルです。今回は「3DCGモデル」の作成に使用されるソフト(モデリングソフト)を紹介します。

Maya(マヤ)

出典:(C)2019 Autodesk Inc.

概要:開発は3Dソフトの超大御所メーカー、Autodesk社。3Dモデリングソフトといえば多くの人が最初に名前をあげるのがこのソフトではないでしょうか。3DCGの制作現場で活用されており、ネット上の解説記事や書籍も豊富です。
 
価格:30000円/1ヶ月〜(サブスクリプション制。最初の30日は無料で使用可能。また学生版は無償で3年間利用可能)
 
ダウンロードはこちらから:https://www.autodesk.co.jp/products/maya/overview

3ds Max(スリーディーエス・マックス)

出典:(C)2019 Autodesk Inc.

概要:こちらもMayaと同じくAutodesk社による3DCGソフト。こちらはアニメーションの現場で多く使われています。プラグインを使い機能拡張が簡単にでき、CADとの連携が容易なのが特徴です。ただし、Windowsのみに対応しており、Macでは利用できません。
 
価格:30000円(税抜)/1ヶ月〜(サブスクリプション制。最初の30日は無料で使用可能。また学生版は無償で3年間利用可能)
 
ダウンロードはこちらから:https://www.autodesk.co.jp/products/3ds-max/subscribe

Cinema 4D(シネマフォーディー)

cinema4D
出典:(C)2019 Maxon Computer

概要:ドイツのMAXON Computer社が開発したソフト。Adobe社のモーショングラフィックスソフト「After Effects」との連携しやすさには定評があり、現行のAfter Effects CCにも機能限定版の「Cinema 4D Lite」が標準で付属しています。After Effectsを既に使われている方におすすめです。

 
料金:105000円(税込)〜
 

Blender(ブレンダー)

Blender起動画面
出典:blender.org

概要:世界中の有志によって開発されているオープンソースの3DCGソフト。無料で利用できますが、Mayaなどにも負けない充実した機能が特徴です。近年、注目度が高まっており、WEB上の解説記事だけでなく書籍も増えてきています。一方、操作系統が独特であるため、慣れるまでに時間がかかるかもしれません。

またこちらのソフトのみを作られたアニメーションがこちらになります。

価格:無料(ドネーションウェア・寄付制)

 

ダウンロードはこちらから:https://www.blender.org/download/

ZBrush(ズィーブラシ)

ZBrushイメージ画像
出典:(C)2019 Pixologic, Inc.

概要:Pixologic社が開発しているソフトです。読み方は「ズィーブラシ」。他のソフトウェアと異なり粘土をこねるようにしてモデルを作る「スカルプト」と呼ばれる機能が優秀。これにより人や動物などの有機体のモデルが非常に作りやすくなっています。低価格版のZBrush Core(21000円/税抜)もあります。

料金:113000円(税込)

購入はこちらから:https://oakcorp.net/pixologic/purchase/

Lightwave 3D(ライトウェーブスリーディー)

Lightwave 3Dのイメージ画像
出典:(C) 2019, NewTek Inc.

概要:米Newtek社によるソフト。アイコンが少なく、基本的に文字によって表記されていることがインターフェース上の特徴。2018年に大型のアップデートがあり、他のソフトに劣っていたと言われていた箇所も大幅に強化されました。まだ他の3DCGソフトが高価だった頃から比較的安価で購入できた事から古株の個人利用ユーザーが多いです。

 
価格:148000円(税抜)〜
 
購入はこちらから:http://www.dstorm.co.jp/lw2019/price.html
 

Shade 3D(シェードスリーディー)

Shade3Dイメージ画像
出典:(C)2019 FORUM8 Co., Ltd.

概要:30年以上の歴史を持つ日本のメーカーShade 3D社による3DCGソフト。モデリングやアニメーションに限らず、3Dプリンター向けのモデリングにも対応するなどあらゆるニーズに応えられるソフトです。現在はサブスクリプション制になっており多くのライセンス形態があります。

 
価格:19800円(税抜)/1年(サブスクリプション制)〜
 
購入はこちらから:https://shade3d.jp/buy/info.html

Houdini(フーディニ)

houdini操作画面
出典:(C)SideFX 2019

概要:こちらは3DCG業界で注目が高まっているカナダのSide Effects Software社によるソフト。非商用に限れば無料ですべての機能が利用できます。モデリングに関しては他のソフトよりも劣る面はあるものの、アニメーションやエフェクト機能が優れており、プロの現場で活用されています。

価格:無料(ただし非商用に限る)〜

ダウンロードはこちらから:https://www.sidefx.com/ja/download/

MODO(モド)

modo操作画面
出典:The Foundry

概要:業界で広く使用されているデジタル合成ソフト「Nuke(ニューク)」を手がけるThe Foundry社による3DCGソフト。そのためNukeやMariなど同社の他の製品と密に連携できるのがメリットです。3DCGに関する全ての作業がこれひとつでこなせますが、元々はモデリングに特化していたソフトのため、作りやすさには定評があります。
 
価格:238000円(税抜、一般ユーザー向け価格)
 
体験版ダウンロードはこちらから:http://modogroup.jp/trymodo
 

まとめ

今回はよくアニメーションでも利用され、個人でもユーザーの多い3Dモデリングソフトを紹介してきました。かつては数十万はかかっていましたが、今では無料〜数万円程度でも高機能なソフトを個人でも使えるようになっています。ここで紹介した多くのソフトが無料体験版が用意されているので、試してみて自分にあったソフトを見つけてみてください。



運営元のモデリーは3Dデータ作成事業を行っております。費用・スケジュール感などチャットで気軽に相談可能!分かりやすい3Dデータ作成サービスを目指します!

関連記事

  1. 無料なのに高性能な3Dモデルソフト「Fusion360」知ってお…
  2. 【3D CGモデル入門】アニメーションに使える3Dソフトって何が…
  3. CGからCADまで!3Dモデル作成ソフトを比較します
  4. AIとデザイナーが共同で商品開発する!?ジェネレーティブデザイン…
  5. 初心者でも使える!入り口に使える3Dモデルソフトを紹介
  6. あのペイントが3Dモデリングに対応!次元を超えた「Paint 3…
  7. VR上で3Dモデリングが始められるソフト「Blocks」
  8. 写真から3Dデータをつくれる3Dモデルソフト・アプリまとめ
PAGE TOP